みなし残業について Overtime

定額残業代(みなし残業代)について

定額残業代(みなし残業代)を支払っている会社は、未払い残業代請求をされる危険があります。
定額残業代は、中小企業にとって事務負担が少ないので数多く採用されてきましたが、実際には一部の経営者が残業代の割増賃金を支払わないようにするための方策として悪用されてしまいました。 最近の判例では、経営者側にとって厳しい判決が出ています。
現在、定額残業代制度を活用されている会社は、見直しが必要になるかもしれません。

定額残業代制度の有効要件は、下記の3点です。
①定額残業代を採用されることが労働契約の内容となっていること
②通常の労働時間に対する賃金部分と固定残業部分が明確に区分されていること
③労基法所定の計算方法による額がその額を上回る場合は、その差額を支払うこと

PAGE TOP